バイオベンチャーアライアンス

  1. TOP
  2. 連携実績

連携実績

定例会等の交流を通して、下記の通りBVAメンバー間、あるいは外部機関との連携が生まれています(いずれも事務局は関与していない自主的連携です)。 今後も BVAはFace to Faceを中心とした交流の場を提供して新たな連携を生み出すことにより、メンバーが創出した“知”の価値の向上につなげていきます。

●新たな連携とグラントの獲得
定例会、勉強会、分科会等の交流や事務局からの配信情報をきっかけに、下表の通り、BVAメンバー間、あるいは外部機関との連携が生まれている。

BVAの活動から生まれた
新たな連携等の成果

(2020年の追加実績)

新たな連携等の成果 新たな連携等の成果

潜在している豊かな地域資源を活かし、
生命科学産業のイノベーション、成長に貢献

〈計数の方法〉
情報収集:個別メンバーへのメールでの問合せ
対象期間:各々の機関のBVA加入以降
その他:
・1、2は中断した連携も含む
・1はメンバー同士ダブルカウントにならないよう相手機関名を確認
・2はBIO JAPAN等展示会での顧客獲得数は含まない
・4は2019年からカウントを開始

ページトップボタン